忘れられない夏の日

 

色褪せることを知らない夏が、そこにはあった。2016年8月のTDCホール、そこには忘れられない夏の日が確かにあった。

あの夏、わたしはたくさんの大好きにであった。

more踊る目黒がカッケェと泣く原ちゃんが大好きになった。樹くん、だから怖いって言われるんスよ!って言うめぐちゃんが大好きになった。妹に迎えに来いって命令されてホイホイ行っちゃうもりつが大好きになった。菊池風磨に感動してくれたほくとくんが大好きになった。風磨のライブに出たいと言ってくれた慎ちゃんが大好きになった。俺はどんな形でも出るよって言ってくれたじゅりちゃんが大好きになった。その後の雑誌でヘアゴムをつけてくれていた寺西が大好きになった。

そして、素敵な仲間に囲まれて最高のステージを作ってくれたふうまくんが、大好きだと思った。

映像が始まった時にはすでに引き込まれていた。かっこいい、それしか言葉が出なかった。It's going downのイントロと共に登場したふうまくんは本当に本当にかっこよくてもうどうにでもなれとそう思った。サングラスの奥に見えるその瞳がすごく輝いていた。

初日、たくさんのC&Rを求められた。知らない曲が多くて全然答えられなかった。オルナシ、難しかったんだよ。でも次に入った公演でみんな完璧だった。ふうまくんの声に応えたい一心でみんな予習頑張ってきてて、そのふうま担のふうまくんを思う気持ちに心が温かくなった。

客席から見るふうまくんはかっこいいって言葉じゃ足りないぐらいにかっこよくて、それ以上に気持ちを伝える言葉が見つからなくて。好きな人が目の前にいて、見ているだけでこんなにしあわせな気持ちになるんだって心から思った。

 

初日、投げたピックが当たってしまった子のもとに客席降りの動線を変えて1番に向かって謝るふうまくんがすごく好きでした。

お悩み相談で一生懸命答えを出そうとした風areのみんなが大好きです。話が逸れるとちゃんと戻してくれる、ふうまくんが大好きです。

客席が声を出すときは照明がパンと明るくなってわたしたちを主役にしてくれてとっても楽しかった。

「次俺の好きなフレーズなんだけど、歌える?」ってマイラビの最後の大サビ歌わせてくれたふうまくんがとっても好き。好きなフレーズをファンに歌わせてくれる、そのふうまくんの人間性がたまらなく好き。

めぐちゃんがこぼしたジュースを拭きながら「今お前が面白いんだから喋れ」って言うほくとくんにも惚れた。

レーザーの演出も痺れた。口にくわえて緑のレーザー放つふうまくんに痺れた。

愛ingのイントロが流れたときは思考が停止してめちゃくちゃぶりっこしてるステージのメンバーを見て息絶えそうになりながら踊った。

書いていけばキリがなくて、色褪せないことを実感する。そんな夏。

 

オーラスの最後の挨拶、TDCがメソメソしていた。それ以上でもそれ以下でもなく、メソメソしていた。他に言葉が見つからない、メソメソしていたんだ。

全然泣くつもりなんてなかった。こんな降りたてホヤホヤのど新規が泣くはずなんてないと思ってた。気付けば目から涙が溢れていた。目の前で繰り広げられるノンフィクションのドラマと、嘘偽りのない絆がわたしの心を揺すった。

客席も、Jr.も、ふうまくんも泣いていて。ふうまくんがHELLOを歌えなくなったとき、自然と客席が歌い始めて。こんなに温かい空間にいられるしあわせを噛み締めた。

 

笑いあり、涙あり、楽しくて、刹那くて、最大級にエモいライブだった。

初日の挨拶で「今日が最後の人はこの思い出を胸にしまって明日からも頑張って。もしそうじゃなければ自分が盛り上がるぞという気持ちで来てほしい」と言えるふうまくんはTDCにある全ての人の心を掴んで離さなかった。1人も逃さなかった。仲間外れにしなかった。周りの人に慕われて愛される理由がすごくわかる。

 

そしてtwitterにも書いたけど風areの期間中、風isがよかったと懐古して風areに向き合わない人がいなかったことにも感動した。ふうま担のふうまくんを思う気持ちとその温かさを大好きになった。

TDCにいた、全ての人にありがとう。

 

オーラスが終わってから今まであの時の気持ちを書き留めておきたいって気持ちにならなかった。きっと忘れないだろうと心のどこかで思っていたのかもしれない。全然忘れてない。映像になって戻ってくるその前に目で見たこと、その場で感じたことだけを書ける最後のチャンスに滑り込み。

 

 

今あなたたちには魔法がかかりました。

ふうまくんは「未来からきて今をやり直していると思って後悔のないように」って、そう言ってくれてわたしたちに魔法をかけてくれた。どんなにしんどいときも大好きな人が魔法をかけてくれていると思うと頑張れてしまうなあ。単純だから。

 

だから今日も、明日も、その先も。盛り上がっていこうか。