Sexy時代を迎えに

 

 

変わりゆく時代の中でも変わらないでよ

 

 

Congratulationsので歌われる、わたしの大好きな歌詞。

上手く言葉にするのは難しいけれど変わらないことに愛を見いだしてるところは正直ある。

今まで売れてきたグループはどれも変化なくしては語れないだろうとおもう。そしてその変化を嘆くおたくをそれなりに見てきた。結果を出すためならばそれぐらいの犠牲も致し方ないはずなのです。

そして今まさにSexy Zoneは変わろうとしている。でもそれに愛がないのかと言われたら十分すぎるぐらいにあるんです。

 

ツアーのネタバレになってしまいますが、最後の挨拶で

Sexy ZoneはNo.1を獲ります。そのためには冒険をしないと辿り着けません。自分を変えたいと思うとき、全ての色を変える必要はありません。自分らしさを大切に、新しい色を塗り加えていけばいいんです。でも今僕らが見ている、絶対に変えたくない色もある。

そう力強く5人が語ってくれました。(ニュアンスですが)

自分たちの欲しいものを掴むには今のままではいけないと気付いたこと。今の彼らを愛するファンがいること。手離したくないこと。それでも変わる勇気ある決断をしたこと。もう、歩み始めていること。

 

わたしがSexy Zoneのファン、いわゆる「セクゾ担」になったときにはもう変わり始めていたとおもうのでこんな話をするのは筋違いなのかもしれませんが、今いるファンを誰一人置いていくことなくてっぺんまで駆け上がろうとしている彼らにはたまらなくSexyさを感じます。

連れていきたいと思ってもらえていることにとてつもない愛を感じて。

そして何より全て言葉にしてくれる。いつもそう。Sexy Zoneは言葉をくれる。言葉じゃないと伝わらないことがあるって知ってる。喋らないことで守れるものはたくさんあるはずなのに、それでも言葉を使うのはファンを守りたいから…なのかな。なんて。

 

わたしはとんでもないグループを好きになってしまったなとつくづく思います。

こんな気持ち、一生のうちに感じることができて幸せです。Sexy Happy!

Sexy時代を迎える準備は万端です!Sexyと切り開く未来、わくわく!