春がきて

「最近、ふうまが好きなんだよね。」

 

季節が巡り、こんな風に言っていたときから一年が経った。それは目まぐるしくまるで坂から転げ落ちるかの如く勢いのある、心から楽しいと言える一年だった。

 

ふうまくんは四角い人だと思っていた。実は丸かった。

ふうまくんは器用な人だと思っていた。実は不器用だった。

ふうまくんは黒い人だと思っていた。実は白い人だった。

ふうまくんは曲がった人だと思っていた。実は真っ直ぐだった。

ふうまくんは嫌いな人だと思っていた。実は好きな人だった。

わたしの中でしょっぱくて、刺々しくて、冷たいはずだった君は、こんなにも甘くて、やさしくて、温かい人だった。

 

強くてはっきりしたふうまくんは確かにいるのに、ふうまくんはどこまでも儚い人だ。

 

 

 

ふうまくんを好きになったときのことを思い出すと今でもキュンとする。だからわたしは春が好き。きっと何度春がきても君を好きになってよかったと思うんだろうな、わたしは。