夢ならば醒めないで

小さな恋のうた

届きそうで届かない

 

Sexy Zone菊池風磨くんが「長男」の立場で「長女」の悩みにアドバイス (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERAのお悩み相談を呼んで、めちゃくちゃふうまくん全開だなって思った。ふうまくんはさ、相談者の気持ちを汲み取るのが本当に上手いね。この人は何が心につかえてて、どれを取り除いてあげればいいかっていうのがわかるひと。わかろうとしてあげられるひと。全てを解決してあげるなんてことは決してないけど、そのつかえたものを見つけてあげるだけで悩んでる人ってきっとすごく救われると思うんだよね。感受性が豊かで、人に配るための愛を常に持ち歩いてる人にしかできないことだなぁと思う。

この記事の中にいろんなことをやったけど唯一続いてることがこの仕事という言葉がある。それがとことん刺さる、ふうまくんの魅力です。あんなにリアルで、ふらっとどこかで出会えそうで、きっとやらせたら何でも出来るんだろうな〜、と思わせるあのオーラの持ち主が唯一出来たことが「アイドル」というこの上ない尊い巡り合わせ。そうか、この人はアイドルか。

毎年家族で海に行く。免許をとったその足でそのまま箱根にドライブする。オープンカーで海沿いを走る。妹と手を繋いで歩く。同窓会で実はあの時すきだったんだよねと告白される。ドラマの中に描かれそうな日常の1ページを、実際に手に入れることができる人なんてどれぐらいいるんだろう。近そうに見えるそれは意外と手が届かなかったりする。だってそれが描かれるのは「ドラマの中」だから。スルッと手に入れるふうまくんはやっぱり、アイドルなんだよね。

2017年の目標に「なれそうでなれない人になる」を掲げたふうまくんのことがだいすきで今もふとしたときに思い出す。ananで「こいつになら勝てそう」というポジションになりたいと言っていて、また思い出した。ふうまくんのインタビューを読んでるとこんな言葉によく出会う。ふうまくんというアイドルは妙にリアルで、立体的で、とても親近感がある。触れそうな、出会えそうな、振り返ったらいそうな。席替えをしたら隣になれそう。バイトでシフトが被りそう。電話をしたら車で迎えにきてくれそうだよね。

でも、どうだろう。実際はめちゃくちゃ遠いんじゃないか。さっきまで届きそうだと思っていたものが、次の瞬間に全然届かないことに気付く。これが恋のはじまりですよね。この瞬間、世界の色がガラリと変わる。この瞬間を忘れたくないし、もっといろんな人に体験してもらいたいんだよな〜〜!!

なれそうでなれない人。近そうで遠い人。このアイドルのカタチ、ふうまくんにしか出来ないと思ってます。遠そうで遠い人ならたくさんいる。絶対なれないなと思う人もたくさんいる。生きてる世界が違うなぁって思う人だって見てきた。でもなれそうでなれないって初めて出会ったよ。わたしはそういうアイドルのふうまくんがだいすき。

ふうまくんのもつ「普通」が全部夢みたい。アイドルって素晴らしいね。

 

夢よ覚めないで

 

Hey!Say!JUMPが誘ってくれる夢の世界は最高だ。

めくるめく未体験をどうぞって、わたしを非日常の世界に連れて行ってくれる。

「誰も知らないこの場所に君を連れてきたくてさ」そんな風に歌ってくれたから胸がキュンとする。

Hey!Say!JUMPってね、めちゃめちゃファンタジーなの。世間ではアラサーなんて言われる年齢だけど、かわいいを着こなしてしまう。つくづくリアル感がないなと思う。存在がフィクションだなって、そう思う。ありえないくらいが丁度いいなんてそんなぴったりな歌詞歌うことある?Youたち最高だよ。日常を一生懸命生きたら、寄り道させてくれる、JUMPのコンサートはわたしにとってそんな場所。

「傍にキミがいることで何度でも立ち上がれた 次は僕に任せてよ」って歌詞を見たときは涙が溢れそうになったなぁ。10周年のアリツア挨拶で「辛かったときにみなさんの存在があったからここまで頑張ってこれました、今度は暗闇で何も見えなくなったときにみんなを照らす光になりたい。」そう言ったやまの言葉と重なったから。いつのまにか月日は流れて、心を預けられるアイドルになっていたんだなぁとしみじみしてしまいました。すきになったときからずっとやまはかわいくて、かっこよくて、気高くて。いつでも憧れの存在でした。でもこんな風にふわっと救ってくれるような感覚は初めてだったな。うれしいね。

すきになるタイミングは人それぞれベストがあると言うけれど、わたしはあのときにすきになれて本当によかったなと思います。あのときを知っているから今の言葉や行動や表情に救われることや心温まることがたくさんあるし、わたしにとって価値がとても高まるんです。お金では買えない煌めきをその時間の分、もらってるなぁ〜って、めちゃめちゃラッキーだな!って、思います。コンサートであんなに楽しそうなやまを見れるのは当たり前じゃないってわかるからそのぶん何倍もうれしいよ。

今回トラジャがついてくれたのも嬉しかったな〜〜〜!!舞台の関係でスケジュール的にツアーの途中からしか回れなかったのに、それでもつけたい・つきたいと思ってくれたその熱さに感服です。ここのところ、個人的にTravisJapanには楽しくコンテンツを消費させていただいています。思い入れもだいぶ強くなってきています。だからわかるんだけど、今のトラジャのモチベーションの高さとかプロ意識とか絶対にやまに響くと思うんですよ。だからバックにつくことになったんだろうなと思うとうれしくてたまらんのです。やまが昔からずっと変わらない信念があることと、今のトラジャがやまに響くような在り方であることがどちらもうれしい。わたしはすきになるべくしてなったんだなぁと思えてうれしい。わたしも好み変わっとらんなと思えてうれしい。うれしいです。東京ドームでLock Lock爆踊りできて楽しかった〜〜〜!最高か〜〜!やりたかったんだよ〜〜〜〜!!!!まさかJUMP現場で叶うとはな!!!2019年、1年の終わりにやまがご褒美用意してくれたんだなって思ってるよ。ありがとう!

そして今日、ちねんくんのダンスを双眼鏡越しに見ながら、わたしはやっぱり何よりもこの人のダンスがすきだなぁって思いました。MCでもあまり発言するほうではないし、人の後ろに隠れるほうが上手なちねんくんだけど、音が鳴ってる間別人のように表情が変わるんだ。わたしはちねんくんのその顔を見るのがすきで。ダンスはちねんくんに自信を加えてくれるね。どれだけ見てきたかわからないけど、見るたびにまだ知らないちねんくんがたくさんいるんだなって思うんです。こんな表情もできるのね、こんな風に踊るんだ、って。すごくワクワクする。ちねんくんのダンス。歳を重ねて経験が増えるごとに表現の幅も広がっていくのが手に取るようにわかって、いつまでも見ていられたらいいなってそう思うよ。あなたのダンスは人の心を溶かすから。これからもちねんくんのダンスがたくさんの人に届けばいいな。

 

夢よ覚めないで このまま時を刻んで

こんなにもそう思ったことが今まであったかな。覚めないで、って思った。それだけ楽しかったんだね。

アルバムを聴きながらワクワクして、あと何日だってカウントダウンして、この歌は何曲目ぐらいかな?って考えてみたり、この歌はどんな演出でくるかなって考えてみたりしてこの1ヶ月過ごしてきた。なんだよ、わたし、Hey!Say!JUMPだいすきじゃんって思いながらね。曲の解釈もわりとあうみたい。こんな演出するのかなとかセトリのどの辺におくかなとかわりとあてちゃったりする。オタクと思考レベル一緒なのってどうなの…?って感じだけど笑、それもそれで楽しいよ。方向性の違う気合いの入れ方でするズコ芸も愛してる。でもたまにこうやって想像の遥か上をきてくれるときがあるからやめられない。だからお願い。もう少しだけわたしの夢でいてほしい。できるだけ長く、1秒でも長く。永遠とまでは言わないから、そんなわがまま言わないから、あと少しだけ。また来年もJUMPに会いたい。

 

キミがくれる、キミに贈る

 

ふうまくんの勇姿を見にグローブ座に足を運んだこと、忘れない。

胸にしまったその小さくて大きな輝きが、年を重ねるごとにもっともっと大切になるといいな。

少しずつ、少しずつ、あたたかくなればいいな。

ゆっくりとあたためて、恋を見つける日を待ちわびて。

ふうまくんがくれた命のかけらを落とさないように失くさないようにしっかりしまっておこう。

胸の中にその煌めきを見つけたときに、優しい気持ちになれる日が来ますように。

ふわっと笑顔になれる日が来ますように。

その煌めきがいつか背中を押す日が来ますように。

ふうまくんがステージを愛し続けることのできる魔法になりますように。

ふうまくんがステージから見る景色がいつまでも輝いていますように。

年を重ねるごとにその景色が素晴らしいものになりますように。

 

世界中が君にみとれている、そんな言葉がぴったりのふうま殿下へ。

愛がいっぱいのラブリーなカンパニーへ。

 

奇跡がこれからもキミに降り注ぎますように。

 

4.27

 

世界中が君に見とれている

 

わたし、この歌詞がすき。Birthday for youの奇跡がこれからもキミに降れに並ぶぐらい。

ロマンティックに勝利を掴めの歌詞、本当にだいすきなんだよね。その中でも群を抜いてすきな歌詞。世界中が君に見とれるほど、君はとっても魅力的だよってそのままだいすきなふうまくんに返したい。

RAP詞を書くのがずっとすきで、Jr.時代から書き溜めて、今でもたくさん披露してくれるふうまくん。

歌が上手くていろんなジャンルの曲を歌いこなしてしまうふうまくん。高音が綺麗。

お洒落でいろんな洋服を着こなすふうまくん。

仲間を大事にするふうまくん。輪の中心にいるふうまくん。

おもしろくてお喋りが上手なふうまくん。

世界中がそんな君に見とれているよ。ふうまくんはそういう存在。

 

Jr.時代からダンスが上手くなりたくてたくさん練習してるね。雑誌でいっぱい話してるふうまくんを見てこんなにずっとダンス頑張ってるんだとキュンとした。今だってずっとずっと。鏡に向かった時間がステージにしっかりある。

そんな君に、世界中は見とれているんだよ。

ふうまくんがアイドルをしているこの11年の間にふうまくんのことをすきになれて本当によかった。嬉しい。

 

目指す頂にはまだ少し遠いかな。ロマンティックに勝利を掴め 君にしかできない鮮やかさで

 

そしてだいすきなキミに、奇跡がこれからも降り続けますように。

 

11年の月日におめでとう、ありがとう。

11年からのこの先、君だけが描ける新しくて素敵な夢におめでとう、ありがとう。

 

2019.04.27

何でも出来る

 

何でも出来るってなんだろう。

ちねんくんがファンに勘違いされていることは?と聞かれて「何でも出来ると思われていること」と答えていた。

確かにわたしもちねんくんは何でも出来ると思ってるうちの1人だし、何でも出来るな〜って言う。でもちねんくんが何でも出来るわけじゃないことぐらい知っている。

運動神経は抜群にいいけど足がそんなに速くなかったり、頭はいいけど文章を書くのは苦手だったり、体幹バキバキなのに自転車が苦手だったり。どちらかというと努力で解決するタイプだったり。思ってるよりもずっと不器用さんだったりね。

きっと手先の器用さとか、ハイこれやってみてと言われてパッと出来てしまう「何でも出来る」人はゆうとくんだろうし、才能の幅が広くて演技も音楽も芸術もセンスがあるマルチに「何でも出来る」人なのはひかるくんだろう。

それでもわたしはちねんくんのことを「何でも出来る」人だと思ってる。

ちねんくんの何でも出来るは、器用さとかマルチさということよりも「スター性がある」という意味合いに近いと思うんだよね。ここぞってときにキメきれるメンタルのタフさとか運の良さとかそういう才能がスター。

10代の頃は根拠のない自信があって自分のことをスターだと思っていた、とちねんくんは10周年を節目によく言うようになった。あの頃の無敵感とか、自分が1番スターだって気持ちのちねんくんもファンはだいすきだよ。きっとそれは頭のいいちねんくんには届いてるだろうと思うけれど。今は不安もファンに見せてくれる人間味が増したアイドルになって、またひとつ強くなったなと思います。弱さを見せないことが強いわけじゃない、偶然にもちねんくんの十八番にこんな歌詞があるね。

話が少し逸れてしまったけれど、ちねんくんの何でも出来るというイメージは、ちねんくん自身の人間性が垣間見えるもので、土壇場で負けないメンタルはやっぱり日々の積み重ねで出来ると思うんですよ。

わたし、本番に強いとか弱いって自分で変えられると思ってるんですよね。本番に強い人はプレッシャーや緊張に向き合うことができる人で、日々の積み重ねがある人だと思う。ちねんくんはそういう人だと思う。

だからちねんくんの「何でも出来る」っていうパブリックイメージは、そういう強さからきていると思う。ちゃんと伝わってるよ。勘違いなんかしてないよ。

何年か後にまた自信たっぷりのちねんくんに出会えることにわくわくしています。きっとその自信は、ちねんくんがそれに気づいたときにつくものだと思うから。自分の力で身につけた自信になると思うから。

 

また夢を見せてね。

 

 

余談

ファンに勘違いされていることは?って質問おもしろかった。やまが「ファンにどう思われてるかわかんないから答えられない」って言ってて、めっちゃくちゃわかるーーーー!!って感じだった。わたしのなかのわかるが総動員。やまってファンにかわいい〜〜♡ってされてるのあんまり気付いてないよね。というかそもそもやまはファンがみんなリア恋だと思ってるから、やまのほうがファンを勘違いしてるよね。「彼氏いるのになんで俺のことすきなの?」とか言っちゃう。そこがやまの魅力だよね。

一方ダイキは「ファンの言ってることはあってる」って言ってて、あ〜〜〜〜〜わたしのすきなダイキ〜〜〜〜ってなった。ひとそれぞれみんなが思う大ちゃんは、確実にいるよね。間違ってることなんてひとつもないよね。等身大でアイドルをしてくれるダイキと、アイドルに夢見るファンを肯定してくれるダイキいっぺんにすき。

トリオが生きる世界

 

f:id:cmusag:20190208221431j:image

トリオ。言わずと知れたアイドル界のエリート。中学2年生で華々しくデビューを飾り、現在に至るまで第一線で活躍する同級生の3人組。決して順調にここまできたわけではないけれど、さも順調かのように見えるオーラがそこにはあって。誰にも真似できない、3人にしか放つことのできない煌めきが確かにそこにある。

山田涼介・知念侑李・中島裕翔。同じグループのメンバーで高校時代のクラスメイト。こんな夢みたいな話がほかにあるだろうか。当時、雑誌やラジオで話してくれる学園エピソードには必ずメンバーがいて。クラスメイトもみんな芸能人で。青春のど真ん中を彼らは共に駆け抜けた。アイドルに捧げた青春も、ちょっぴりの1人の男子高校生としての青春も。全てを共有している3人。そんな3人を見てきて、なんかね、勝手にだけど、トリオって儚さや尊さがギュッってしてて、別次元に生きてる人たちだなぁって思ってる。ドラマのようにテレビの中にしか存在しない世界を見ているようで。ガラスケースの中に閉じ込められているような感じ。

今回発売された雑誌でちねんくんが地元のお友達の話をたくさんしているようで。今回に限らず、ちょくちょく耳にするたび、(あぁ、ちねんくんにもガラスケースの外の世界があるんだなぁ)と思って胸がチクリとするんですよね……

ガラスケースの中に閉じ込められているトリオを尊く感じて、ちょっと切なく感じて、でもその切なさに価値を見出して…ってトリオを見つめてきたから、外にも世界があるって知ったらその切なさを一瞬失った気持ちになってまたちょっと苦しくなって…。やっぱりトリオって儚いなぁと思うのです。

ガラスケースに閉じ込めているのは、トリオを尊く思うわたし自身なんだろうなと薄々気付きながらも、このまま閉じ込めておきたいと願ってしまうのは事実です。でも、そのガラスの外にも世界があるという儚さに酔いしれてしまうのもまた事実です。

いつまでも、いつの時代になっても、どれだけ年を重ねても、彼らがアイドルである限りわたしはずっとトリオを儚く尊く思うのだろうなと思います。トリオは何にも変えられない、わたしの宝物だよ。

 

1130

 

結婚願望はない。だってずっとみんなのちぃでいたいんだもん♪

そうやって笑ったのは15歳のときだったっけ。16歳のだったかなあ。そんな風に無敵のアイドルスマイルをお見舞いしたあの時から約10年、いろんな場所できっといろんな感情に出会って、今、東京ドームのステージから「みなさんのことを幸せにしてあげます」そう笑ってくれるちねんくん。

普段甘い言葉で沸かせたりしないから、本心なんだな〜ってうれしく思う。

ちねんくんは根っからのアイドルで、プロ意識も高くて、サービス精神も旺盛で、かっこいいに寄っていくのではなくてかっこいいが寄ってきてくれるような、かわいいを作り出すのではなくてかわいいが溢れてしまうような、そういう嘘のない人です。

薮くんに隙がないと言わせるほどのスター性や、その佇まいが大好きだよ。

ダンスが上手くて、ダンスがすきで、運動神経がよくて、スター性があって、ここぞというとき勝負強くて、かわいくて、色っぽくて、笑顔が似合うところがすき。

緊張すると手や声が震えてしまうところも、メンバーの後ろに隠れて顔だけひょっこり出すところも、ご飯は犬食いしちゃうところもすき。

両親のいいとこどりをしたお顔。むちむちの手。刈り上げられた襟足。柔らかそうな髪の毛。思ってるよりキーの低い歌声。左利き。

昔から国語が苦手でじゃんぺは小学校低学年の作文みたいだし、家に引きこもってスマホとパソコンでずっとネットサーフィンしてるオタクだし、ナスの乱切りがとっても下手くそ。服に頓着がなくて、だいたい人のお下がりを見にまとってる。

人のお話を聞くのがとっても上手。女心がわからないところもすきだなぁ。メダリストへのインタビューの後握手を求められるちねんくんとってもかっこよかった。

嵐の大野くんのことずっとすきなところも、頑なに車の免許取らないところも、パンツはいつも黒でカラフルなパンツをはくありひかをすごいなって思ってるところも、ゆーてぃーに何してもかわいいって言ってもらえるところもすき。

かわいいことして・かっこいいことしてって振られたらおもしろに走ってしまうくせがあるところも。全部全部すきだよ。

 

今テレビで見るちねんくんは昔とは比べ物にならないぐらい笑っていて、とっても楽しそうで、それを見るたびにすごくうれしくなる。

f:id:cmusag:20181127233212j:image
f:id:cmusag:20181127233217j:image

こうやってファンを見て笑うの。同じ笑顔だけどね、わたしには全然違って見えるんだよ。今のほうが何倍も楽しそうで、温かみがあって。ちねんくんから見える客席がカラフルになったんだな〜〜って、そう思うだけでわたしの視界は涙でぼやけてしまうんだ。

 

「結婚式には家族とメンバーさえ参列してくれたらそれでいい」それを聞いてグッときた。きっと高校生のころのちねんくんだったら言わなかっただろうな〜ってセリフ。

デビューをしてからも夢は嵐のバックで踊ることだったちねんくんが、Hey!Say!JUMPで踊るためにジャニーズに入ったと言うんだもの。

ちねんくんにとってJUMPが夢の場所になったことがうれしくて、ちねんくんのすべてがダンスでできていることがうれしくて、ちねんくんのダンスをすきでいられることがうれしくて。ちねんくんをすきになったことがうれしくて。

トリオが全員ハタチになったとき、どうしようもなくさみしい気持ちになったことを思い出しました。大人になってしまうんだなぁと。ずっとずっとこのままがいいなって、大人になんかなりたくないよならないでほしいよって。

大人になるって悪いことばっかりじゃないね。歳を重ねるたびにいろんな煌めきをくれてありがとう。またこの一年間、どんな風に輝くかとっても楽しみです。

とは言え、やっぱりさみしい気持ちも同じだけ膨らんでるんだ。さみしい気持ちは、君をすきな証。だからね、キュッてする、胸の締めつけまでも愛すよ。

お誕生日おめでとう♡素敵な1年になりますように。だいすきなちねんくんへ。

 

生まれてきてくれて Thank you!ずっとずっとずっと一緒に これからも歩いてね